天然酵母パン教室「奥ちゃんの手作り工房」

調理時間:30分

【アルチェネロ「有機ホワイトバルサミコ ビネガー」使用】
アルチェネロ「有機ホワイトバルサミコ ビネガー」を使用し、鶏手羽元を短時間で柔らかく煮て、酢豚のような味に仕上げます。

【日仏貿易×クスパ】コラボ企画で制作されたレシピです。

材料(4人分)

鶏手羽元
8本
塩コショウ
少々
小麦粉
少々
にんにく(薄切りにする)
1片
しょうが(薄切りにする)
5g
サラダ油
適量
【材料A】
アルチェネロ「有機ホワイトバルサミコ」
大さじ2
濃口醤油
大さじ2
砂糖
大さじ2
大さじ2
200ml
鶏がらスープ(顆粒)
小さじ1/2
【材料B】
玉ねぎ
1/2個
赤パプリカ
1個
シメジ
60g
エリンギ
1本
【材料C】
ベビーリーフ
1袋(40~50g)
インゲン(塩ゆでしておく)
8本
ミニトマト
4個

作り方

1.鶏手羽元を開いて、塩コショウ少々を振り、小麦粉をつけ、余分な粉を落とします。

2.サラダ油を引いたフライパンでにんにく、しょうがを香りが出るまでじっくり炒め、一旦取り出します。

3.2のフライパンに1を入れ、両面にこんがりと焼き色を付けます。

4.鍋にAの調味料と2と3を入れ、沸騰したら灰汁を取り、弱火で15~20分煮ます。
途中、煮汁が少なくなったら分量外の水を足し、柔らかくなったら煮汁を煮詰めます。

5.サラダ油を引いたフライパンに、一口大に切った玉ねぎ、赤パプリカ、ほぐしたシメジ、手で8等分にさいたエリンギの順に投入し、軽く炒めます。
4の手羽元を取り出し、煮汁が残った鍋に炒めた野菜とキノコを入れ、水分が出ないようにさっと絡めます。

6.皿に手羽元と5の野菜とキノコを盛り、Cの野菜と半分にカットしたミニトマトを添えます。

コツ・ポイント

肉を豚の角切り肉に変えると揚げない酢豚になります。