食パンの種類によって成型が違うのはなぜ?

クスパ > 教室トップ > ブログ記事一覧 > 食パンの種類によって成型が違うのはなぜ?

最終更新日:2020/10/17

COUNELL パン教室(山形県鶴岡市)

笑顔があふれる 生徒の皆さまの元気の素となれるパン教室 でありたいといつも心込めてレッスンしてます

この教室のフォロワー:
9人
過去の予約人数:
65人

鶴岡市パン、お料理、飾り巻き寿司 コーネル

>>ブログを見る

食パンの種類によって成型が違うのはなぜ?
2020/11/17 22:16 UP

鶴岡市笑顔しあわせになれる教室




COUNELL (コーネル)齋藤孝子です






コーネルのホームページはこちらです!






[米粉入り湯種食パン]




コーネルオリジナルコース
ベーシック最終回の
メニューです









COUNELL のコースレッスン特徴
のひとつ


同じ種類のパンを連続レッスン


basicでは
バターロール


ベーグル


食パンを連続レッスンします




[オーバーナイト食パン]




[レーズン食パン]



コース生の生徒さんは
いろんな種類の食パンを
続けてレッスンできるので




ベーカーズパーセント
工程
味 食感
の違いがハッキリとわかります




自分好みの食パンを見つけられる
楽しみもありますね






生徒さんのお一人に




食パンの種類によって成型が違うのは何故ですか?




という質問をいただきました




たしかに!
同じ食パンケースで焼くのに
米粉入り レーズン プルマン 山形食パンで
なぜ成型が違うのか、、、




米粉入り食パンは

比較的成型しやすい方法にすることで

扱いやすく フワもちっとした食感になります




山形食パンの丸め成型は歯切れが良いパン




プルマンの俵型成型は弾力があるパン




ワンローフのバタートップはふんわりしたケーキのような食感になります




成型には意味があります








コーネルオリジナルコース
ベーシックコース終了された生徒さん






毎月欠かさず通ってくださり
ありがとうございます




基礎から学べるコースレッスン
イベントスタッフとして活躍もできます
いまはイベントお休み中ですが、




オンラインでのイベントなどなど
来年はなにか楽しいこと考えます!!










ベーシックコースで習ったパンは
基礎から中級のパンたち、、、






ベーシックが終わったら
美味しい食パンを自宅で焼けるようになれます




夢への一歩は貴女次第です









今月末から
クリスマスレッスン どんどん
始まりますよーー!




12月のご予約もお早めに!








クリスマスレッスンはこちら↓↓↓↓↓↓https://ameblo.jp/sa5160ho2557/entry-12632082647.html
『初登場 紅茶と梨のシュトーレン  紅茶とリンゴのシュトーレン』鶴岡市 笑顔 しあわせになれる 教室COUNELL (コーネル)齋藤孝子ですコーネルのホームページはこちらです!今年も残すところ2ヶ月とちょっと、、毎年一年…ameblo.jp



本日も


ありがとうございました

>>ブログ記事を読む

<<先生のブログ記事一覧へ

先生情報
齋藤 孝子
齋藤 孝子

武庫川女子大学短期大学 家政科卒業後、保険会社に就職  結婚して山形県に移り住む
ジャパンホームベーキングスクールでパン作りを学びパン講師の資格取得
2016 9月 ナチュラルフードコーディネーター 資格取得
以後、6年間 兵庫県宝塚市 山形県寒河江市 鶴岡市 で出張パン教室 を 現在は自宅でもパン教室を開催しています。


教室からのお知らせ

2020/10/18

クリスマスレッスンの情報を公開しました。お申し込みお待ちしております。

2016/5/27

6月の新メニュー公開しました。お申し込みお待ちしています。
以前のメニューも受付することができます。日程予約頂き。ご希望のメニューをお知らせください


ページのトップへ戻る