【日常】佃煮とパクチーのおろし素麺のレシピ、作り方(SAORI)

クスパ > クスパ レシピ > > そうめん・ひやむぎ > 【日常】佃煮とパクチーのおろし素麺

クスパ レシピ

【日常】佃煮とパクチーのおろし素麺 SAORI先生

印刷する

買ったけど残っちゃった佃煮や、まぐろの角煮などの活用レシピです。切り物、火入れが少なく、気軽に作れるのに絶妙バランスのおろし素麺です。決め手は、オリーブオイルと麺つゆ、パクチーの好相性。佃煮を、サンマ缶詰などに変えても美味しくいただけます。

<材料>  分量:3人分   調理時間:10分(茹で湯を沸かす時間を除く)

素麺
4~5束
茹で湯
1.5ℓ
EXオリーブオイル①
大さじ2
佃煮(サンマ缶詰などもOK)
大さじ6
大根(おろす)
大山6杯
麺つゆ(市販・濃縮タイプ)
適量
パクチー(お好みで大葉など)
たっぷり
EXオリーブオイル②
適量

作り方

【1】

茹で湯を沸かす。その間、麺つゆに「つけつゆ」より少し薄めになる様に水を加える。パクチーを洗い、水気を良く切りざく切りにする。

【2】

茹で湯が沸いたら、麺を入れ時間通りに茹でる。その間、湯きり用のザルとボウルを重ねて用意する。茹で上がったら火傷に気をつけて、流水でしっかり揉み洗いする。小麦粉のぬめりをしっかり落とし、歯ごたえを出す。

【3】

ザルにあけ、しっかり水切りする。ボウルに移し、オリーブオイル①をかけて和える。麺がくっ付きにくくなる。
お皿につぎ分け、佃煮、大根おろし、麺つゆ、パクチー、オリーブオイル②を盛り付けて出来上がり。

★調理のコツ・ポイント★

素麺の喉ごしと歯ごたえは、茹で時間と、流水での揉み洗いに左右されます。茹でたては大変熱いので、最初は菜箸などで冷まし、後は両手のひらをこすりつけるように、力強くしっかりぬめりを落としましょう。

レシピ制作者

SAORI

SAORI:世田谷・祖師ヶ谷大蔵の教室 日常の食卓(東京都 世田谷区 砧)

■先生のプロフィール

フランスに一年間お菓子留学。その後、大手料理教室勤務。 結婚後、中国に四年間在住。帰国後、港区・赤坂のフラ…(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2020年12月 2日(水)   【オンライン】クリスマスの食卓~パルマンティエ&ポタージュ


ページのトップへ戻る