いつもの煮豚のレシピ、作り方(小川 典子)

クスパ > クスパ レシピ > お肉のおかず > 豚肉 > 豚かたまり肉 > いつもの煮豚

クスパ レシピ

いつもの煮豚 小川 典子先生

印刷する

柔らかく煮込んだ豚肉は、しっかりしたお味でご飯が進みます。煮汁に漬け込んだ卵も一緒にどうぞ。

<材料>  分量:2〜3人分   調理時間:60分(卵の漬け込み時間は除く)

豚肩ロース塊肉
350〜400g
サラダ油
大さじ1
★長ねぎ青い部分
1本分
★種を取った赤唐辛子
1/2〜1本
★生姜皮付き薄切り
1片分
★にんにく(つぶす)
1片分
☆酒
1/3カップ
☆砂糖
大さじ2〜2と1/2
☆しょうゆ
大さじ3〜4
ゆで卵
3個
ほうれん草(ゆでる)
1/2把
白髪ネギ
適宜
お好みで練り辛子
適宜

作り方

【1】

豚塊肉はフォークで全体を刺してからたこ糸でしばる。

【2】

サラダ油を熱したフライパンに豚肉を入れて、表面全体にすこししっかりと焼き色をつける。

【3】

小鍋に☆の調味料と水2カップを入れて沸かし、2)の肉を入れる。★の香味野菜も入れて落とし蓋、鍋蓋をして弱めの中火で20分煮る。

【4】

3)の鍋を確認して煮汁が少なくなっていたら1/2カップの水または酒を加え、肉の上下を返してさらに20分煮る。火を止めてそのままの状態で粗熱を取る。


【5】

殻を向いたゆで卵と4)の煮汁を大さじ3をビニール袋に入れ、空気を抜いて口を縛り冷蔵庫で漬け込む。途中で卵を動かすとムラなく色がつく。

【6】

4)の肉のたこ糸をはずし、食べやすくスライスして、器に盛り付ける。

【7】

半割りの卵と3cm幅に切ったほうれん草も一緒に盛り付け、タレをかける。上に白髪ネギを盛り付け、辛子を添える。

★調理のコツ・ポイント★

☆すでにネットをかぶせてある塊肉を使えばたこ糸で縛らなくて良いので便利です。
☆味は少し濃いめですので味見をして調整してください。甘みを足したいときははちみつやみりんをプラスするのgqおすすめです。

レシピ制作者

小川 典子

小川 典子:N's kitchen(千葉県 習志野市 谷津)

■先生のプロフィール

1997年~ 自宅で料理教室を主宰 2007年~ カルチャーセンター講師 2020年4月 教室をお休みして…(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2022年10月 8日(土)   本気のお料理基本クラス10月期① 和食


ページのトップへ戻る