照り焼き液の応用「鶏の竜田揚げ」のレシピ、作り方(宮坂 みのり)

クスパ > クスパ レシピ > お肉のおかず > 鶏肉 > 鶏もも肉 > 照り焼き液の応用「鶏の竜田揚げ」

クスパ レシピ

照り焼き液の応用「鶏の竜田揚げ」 宮坂 みのり先生

印刷する

作り置きした照り焼き液で竜田揚げの下味が簡単に決まります。(照り焼き液のつくり方別記)
低温調理で綺麗な色に揚がりジューシーに仕上がります。照り焼き液は様々な料理に応用できるので作り置きしておくと便利です。

<材料>  分量:2~3人分   調理時間:30分

鶏もも肉
1枚
照り焼き液
大さじ2
生姜すりおろし
小さじ1
小さじ1/2
片栗粉
適量
揚げ油
適量

作り方

【1】

照り焼き液=みりん120cc、醤油60cc、料理酒40ccを混ぜて作り置きしておく。

【2】

照り焼き液、生姜のすりおろし、塩を混ぜる。→適当な大きさにカットした鶏肉を漬け込む(常温で20分程)

【3】

冷たい油に肉を入れる。→中火にかけて4~5分加熱する→裏に返して2~3分加熱する。→肉を引き上げる直前に強火にする。→油を切って盛り付ける。

★調理のコツ・ポイント★

油の量は肉が被るくらいにします。一度に揚げるので鶏肉の量に見合う大きさの鍋(又はフライパン)を使用します。

レシピ制作者

宮坂 みのり

宮坂 みのり:グレースパン教室(東京都 板橋区 赤塚新町)

■先生のプロフィール

2013年より、自宅マンションにてパン教室・ケーキ教室を開催中。(全て読む)


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『ひと工夫あり!バレンタインレシピ』