秋鮭の南蛮漬け~ピクルス液の応用~のレシピ、作り方(宮坂 みのり)

クーポンの取得及び利用について
クーポンは教室もしくはレッスンを5つフォローすると取得できます!
また、取得したクーポンは対面レッスン、オンラインレッスン及び動画レッスンのクスパ決済時に利用可能です。

フォローキャンペーンページはこちらから
×
フォロー&クーポンキャンペーン実施中!全員もらえる300円クーポン

クスパ > クスパ レシピ > 魚介のおかず > > 秋鮭の南蛮漬け~ピクルス液の応用~

クスパ レシピ

秋鮭の南蛮漬け~ピクルス液の応用~ 宮坂 みのり先生

印刷する

作り置きしたピクルス液を味付けのベースにしますので、水、酢、砂糖、塩をそれぞれ計量する手間が省けます。野菜と魚を焼いて調味液を加えるだけです。

<材料>  分量:2人分   調理時間:15分

秋鮭
2切れ
ピクルス液(作り方参照)
80cc
●ナンプラー
小さじ2
●にんにくすりおろし
小さじ1/3
●しょうがすりおろし
小さじ1/3
●みりん
大さじ1
●鷹の爪(輪切り)
ひとつまみ
人参
1/6本
ピーマン
1個
玉ねぎ
1/4個
塩・胡椒
少々
小麦粉
大さじ2
片栗粉
大さじ1
適量

作り方

【1】

*ピクルス液は酢180cc、水120cc、砂糖大さじ3,塩小さじ1を混ぜて作っておく。メモリ付きシェーカーを使って計量すると楽です。

【2】

*野菜は千切りにしておく。
*小麦粉と片栗粉を混ぜておく。
*魚の表面の水分をキッチンペーパーで拭いてから塩、胡椒をする。

【3】

ピクルス液80ccに●の材料を加えて混ぜておく。

【4】

秋鮭に粉を振る(茶こしで薄く振る)→両面を焼く。→一旦取り出す→キッチンペーパーでフライパンの油や焦げ付きを拭いておく。


【5】

人参と玉ねぎを油で炒める。→秋鮭と③の調味液を加える。鮭の上から調味液をまわしかけながら加熱→とろみがついてきたらピーマンを加える。

【6】

盛り付け

【7】

(小麦粉と片栗粉を混ぜた粉は「やわらか照り焼きチキン」「ぶりの照り焼き」「秋鮭の南蛮漬け」「エビチリ」で使えます。レシピは別に掲載しています。)

★調理のコツ・ポイント★

玉ねぎと人参は8割程度火が通ったら、火を消して蓋をしておきます(2~3分)焦げずに予熱で柔らかくなります。
ピクルス液は様々な料理に展開出来ますので、冷蔵庫にストックしておくと便利です。(ピクルス液の応用レシピ、他にも多数掲載してます。)

レシピ制作者

宮坂 みのり

宮坂 みのり:グレースパン教室(東京都 板橋区 赤塚新町)

■先生のプロフィール

2013年より、自宅マンションにてパン教室・ケーキ教室を開催中。(全て読む)


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『鍋だけじゃない!『牡蠣』の料理特集』