第五回目 1924年オリジナル版に限りなく近いシーザーサラダ

クスパ > 教室トップ > ブログ記事一覧 > 第五回目 1924年オリジナル版に限りなく近いシーザーサラダ

最終更新日:2020/12/29

小林素子 Cooking Salon(埼玉県さいたま市南区)

作ることが目的の方も! 食べることが目的の方も!!  もちろん両方が目的の方も!!!

この教室のフォロワー:
44人
過去の予約人数:
44人

世界の家庭料理を作って食べる会

>>ブログを見る

第五回目 1924年オリジナル版に限りなく近いシーザーサラダ
2020/11/1 18:06 UP

たかがサラダ、 されどサラダ!        100年近く前にシーザー・カルディーニと言うシェフによって考案されたこのサラダ。
  決して単なるドレッシングの名前とお思いにならず、 「シーザー・サラダ」と言う  
  お料理を体験してください。     
       ホテルのダイニングルームで、
       お客様の目の前で作られた、と言う、
       ショー的なお料理です。         ところで、アジアを旅している今ですが、これはフィリピン料理では
  ありません。
   個人的な理由からここで取り上げることにしました。   このお料理を私に教えてくださったのは、一つ前の「アドボー」と同じで、 
  日本の大学に留学中だった 或るフィリピン人青年です。   彼は マニラでホテルやショッピングモールを経営している一族の御曹司で、
  若いながら親のホテルのレストラン部門の総責任者でした。   彼は頻繁に家に遊びに見えましたが、ある日私に言いました。  
  「お姉さん、 今日は二人で料理して、家族みんなにご馳走しようよ」。 
  それで私は彼からフィリピン料理を教えてもらいながら一緒にディナーを作ったのです。   これがシーザー・サラダと私の出逢いです。  今から50年近くも前の事ですが!
  今でも 私は その時に教えていただいたままのレシピと 方法と 
   道具で作っています。    今回の動画も、サラダの具材はオリジナルに敬意を表してシンプルです。
   でもシーフードやローストビーフ、フライドチキンなど何でもお好きな物を
   トッピングして、メインディッシュやオードブルとしてもいいですね。     そして今回は、
   野菜サラダを美味しく作るのに欠かせない 重要なポイント もお教えします。        レッスン動画+文字のレシピ=1500円です。
        お申し込みはクックブックから。   次回は少し西に移動してベトナムです。
   それからまた少し南下してシンガポール、マレーシア。そして再び北上してタイへ。
  もしかしたら孫たちに会いに、一時帰国するかも知れません。    では、動画でお目に掛かりましょう。  

>>ブログ記事を読む

<<先生のブログ記事一覧へ

先生情報
小林 素子
小林 素子
教室主宰・料理研究家   埼玉県出身

20年に亘る国際線乗務を通して様々な国の食及び、サービスに関わる。
1991年より「世界の家庭料理を作って食べる会」を主宰。
過去に、「社会人の為の英会話サロン」、「海外旅行のコツとマナー講座」、「生活を楽しむ会」、「フラワーアレンジメント教室」を主宰。
各種パーティー及び、食をテーマに海外旅行を企画。
料理本を出版。


教室からのお知らせ

2020/8/8

ウェブレッスン始めます。「私の料理で巡る世界の旅」シリーズです。アジアの国々から始めて世界のお料理を順次ご紹介致します。作り方は勿論、その背景や歴史、個人的な思い出なども、実際のお教室と同じにお届けします。第一回目、ご挨拶の無料動画レッスンをどうぞ。

2020/4/8

「今日のお昼はどうしよう・・・」シリーズ♪ パスタ、サンドイッチ、丼物など簡単にできるランチレシピをご紹介して参ります。突然のなが~~い春休み。こったご馳走ではありませんが、少しでもヒントになれば嬉しいです。

2016/10/3

インスタグラムを始めました!
レッスンの写真を主にupして行きます。
ぜひご覧下さい♪
https://www.instagram.com/thecornerhouse1990/


ページのトップへ戻る