ぜんざいのレシピ、作り方(SAORI)

クーポンの取得及び利用について
クーポンは夏休み動画レッスンを購入すると取得できます!
また、取得したクーポンは通常レッスン及び動画レッスンのクスパ決済時に利用可能です。

クーポンが取得可能な夏休み動画レッスン特集はこちらから
×
夏休み動画レッスンを購入するとクーポンGET!もれなくもらえる300円クーポン配布中!

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > 和菓子 > 汁粉・ぜんざい > ぜんざい

クスパ レシピ

ぜんざい SAORI先生

印刷する

1

お正月明け、お鏡餅をいただく鏡開きの頃は、小豆のつやつやの新豆が出まわります。
皮が気にならなくなるまで、ゆっくり火にかけます。鏡開きの日にこだわらず、ひと手間かけられる時にのんびり作ってみてください。

<材料>  分量:3人分   調理時間:1時間(ねかせ半日~)

小豆(有れば新豆)
250g
茹でこぼし用の水
適量
☆上白糖(普通のお砂糖)
60g
☆ザラメ糖
30g
☆きび砂糖
30g
小さじ1/3
煮立て用の水
適量
お好みの量

作り方

【1】

小豆を軽く水洗いする
【あく抜き:ゆでこぼし】
鍋に小豆を入れ、かぶる量の水(写真)を注ぎ日中火にかける
沸騰したら、ザルにあけゆでこぼす
再び小豆、水を沸騰させゆでこぼす
ゆでこぼしを三回繰り返す

【2】

ゆでこぼしの様子①
沸騰したら、火を止める

【3】

ゆでこぼしの様子②
ザルにあけ、水を入れ替える

【4】

【煮る】
再び小豆とかぶる量の水を加えて中火にかける
沸騰したら、蓋して弱火で20分煮る(水面がコトコト沸く火加減)


【5】

【3種類の砂糖】
左から:きび砂糖>上白糖>ザラメ糖
お好みの配合で☆上白糖を1種類だけでもよい

【6】

砂糖を二回に分けて加える
塩と半量の砂糖を加えて8分煮る
次に残りの砂糖を加えて8分煮る
粗熱がとれたら、蓋して半日~1日ねかす(寒い部屋か冷蔵庫へ)

【7】

温め直す時、一緒に餅を加えて火にかける

★調理のコツ・ポイント★

・煮るときは、優しい火加減で。目が離せず、難しいですが、小豆の割れが少なく食感を楽しめます
・材料の「☆」糖類はお好みの配合で毎年楽しんでください
・餅のデンプンが溶け出し、だんだんとろみが強くなります。水を足しながらお召し上がりください。

レシピ制作者

SAORI

SAORI:世田谷・祖師ヶ谷大蔵の教室 日常の食卓(東京都 世田谷区 砧)

■先生のプロフィール

フランスに一年間お菓子留学。その後、大手料理教室勤務。 結婚後、中国に四年間在住。帰国後、港区・赤坂のフラ…(全て読む)


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『夏に美味しいドリンク特集!』