アスパラベーコンボート 最強お惣菜パンのレシピ、作り方(鈴木晴美)

クスパ > クスパ レシピ > パン > 菓子パン ・おかずパン・蒸しパン > おかずパン > アスパラベーコンボート 最強お惣菜パン

クスパ レシピ

アスパラベーコンボート 最強お惣菜パン 鈴木晴美先生

印刷する

粗挽き黒コショウ入りの生地に、乾燥ポルチーニ入りのホワイトソースを塗り、その上にベーコン、アスパラ、ピザチーズ。
どなたでもお好きな味だと思います。
ペーパーで巻いてあるので手に持ってガブッといけちゃいます。

<材料>  分量:5コ   調理時間:120分

〈以下、生地用〉強力粉(カメリヤ)
120g
薄力粉(バイオレット)
60g
インスタントドライイースト(赤サフ)
小さじ4分の3
上白糖
大さじ3分の2
黒コショウ
小さじ1
小さじ2分の1
オリーブオイル
大さじ1
105-115g
〈以下、トッピング用〉乾燥ポルチーニ
2g
ホワイトソース
60g
ぬるま湯
20g
グリーンアスパラ
5本
ベーコン
5枚
ピザチーズ
50g
〈以下、仕上げ用〉ピンクペッパー
小さじ2分の1

作り方

【1】

下準備として
◦仕込み水の水は42-43℃に温めておく
◦30cm×14cm位のクッキングシートを5枚用意しておく

【2】

ボウルに強力粉と薄力粉を入れてざっと混ぜ、それをおよそ半分ずつ2つのボウルに分ける。片方のボウルにイースト、上白糖、黒コショウを、もうひとつのボウルに塩を加える(オリーブオイルは後入れ)。

【3】

イースト目掛けて水をかけ、穴あき木べらで混ぜる。ツヤ、とろみが出たら(写真の状態)もう片方のボウルの中身を入れ、さらにオリーブオイルを入れる。

【4】

混ぜて、粉気がなくなり、ひとかたまりになったら(写真の状態)台の上に出し、こねる。


【5】

こね上がったら、丸めてボウルに入れ、ラップを掛けて1次発酵させ、1.5-2.0倍程度になるのを待つ。発酵器の場合、40℃で25-35分目安。

【6】

1次発酵中にソースを作る。
乾燥ポルチーニにぬるま湯を加え5分ほど戻す。ポルチーニを取り出し、みじん切りにする。ボウルにホワイトソース、みじん切りにしたポルチーニ、戻した汁のうち小さじ1を入れて混ぜる。

【7】

1次発酵中に具材を用意する。
アスパラのハカマやスジをピーラーで取り除く。
ベーコンの両端に数カ所ずつ、包丁で1cm位の切り込みを入れる。

【8】

1次発酵中にクッキングシートを用意する。
30cm×14cm位のクッキングシートの両端の2cm位を2回折る。


【9】

1次発酵後の生地を丸め直し、閉じ目を下にして置き、固く絞った濡れ布巾を掛けて休ませる。ベンチタイム10分。

【10】

ベンチタイム後の生地を閉じ目を上にして置き、ガス抜きめん棒で20cm×30cm位の横長の長方形に伸ばし、スケッパーで縦5等分に切る。

【11】

8のペーパーに長さ22cm位になるように整えてのせ、その上に6で作ったソース、ベーコン、アスパラの順にのせ、クッキングシートの両端をねじる。天板にのせる。

【12】

ラップ、濡れ布巾を掛けて2次発酵させる。発酵器の場合、40℃で15-20分。オーブンに230℃で予熱を入れる。


【13】

2次発酵後の生地にピザチーズをのせ、焼成する。230℃、12-17分

【14】

焼き上がったらピンクペッパーをのせる。

★調理のコツ・ポイント★

生地の長さはしっかり22cm位を確保しましょう。短いとベーコンがのりません。
ピザ同様、2次発酵は短めです。発酵開始後、早めにオーブンに予熱を入れましょう。
YouTube「ハルパンstudio」に作り方動画をアップしてあります。

レシピ制作者

鈴木晴美

鈴木晴美:ハルパンstudio(東京都 西東京市 富士町)

■先生のプロフィール

アパレル業界で洋服やバッグ、アクセサリーの企画デザインに従事したのち、大手料理教室でブレッド講師となる。2…(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2024年 6月 1日(土)   グラハムゴルゴン4コ&ゴルゴンゾーラのスコーン


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『オートミールを使ったアレンジレシピ大特集!』


クスパからのお知らせ

2024年5月7日

全てのユーザーの皆様へ〈規約改訂に関するお知らせ〉

当社は、今後もお客様により安心してサービスをご利用いただくことを目的として、「クスパ利用規約」及び「レッスン予約利用個別規約」(以下、総称して「本規約」といいます。)の一部内容を改定いたします。なお、本改定は、2024 年 5 月 14 日(火)から有効となります。

詳細は、ご登録いただいておりますメールアドレス宛に届いております内容をご確認くださいませ。