岩ガキのグラティナーティ おもてなしにのレシピ、作り方(Solare 久恵)

クスパ > クスパ レシピ > 魚介のおかず > 貝類 > 牡蠣 > 岩ガキのグラティナーティ おもてなしに

クスパ レシピ

岩ガキのグラティナーティ おもてなしに Solare 久恵先生

印刷する

イタリアで牡蠣料理と言うと、生食かこのようなグラタンのみ。ベシャメルソースを使うものもありますが、こちらのタイプもよく見られます。
春の岩ガキは冬に蓄えたうま味と栄養がたっぷり。
簡単でおもてなしにピッタリです。

<材料>  分量:4   調理時間:30

岩ガキ(加熱用)
4
にんにくすりおろし
少々
玉ねぎのみじん切り
1/8個程度
レモン汁
レモン1/2個分
アンチョビ
1尾
パン粉
大さじ1程度
オリーブオイル
適宜
刻んだパセリ
少々
黒コショウ
少々
くし形に切ったレモン
お好みで

作り方

【1】

殻付き牡蠣の蓋をあけて身を取り出す。蓋の隙間に古いディナーナイフなどを差し込み(私はパルミジャーノレッジャーノチーズ用のアーモンドナイフを使います)蓋と身をつなぐ貝柱を切り取るようにナイフを動かす。下側の貝柱も切り取るようにして身を外す。

【2】

外した身にレモン汁、オリーブオイル、みじん切りの玉ねぎ、すりおろしたニンニクと刻んだアンチョビを加えて15分程マリネして、殻に戻す。

【3】

マリネ液にパン粉と織刻んだパセリの半量を加えて混ぜ、牡蠣の上に乗せる。

【4】

180℃に予熱したオーブンで15分焼く。
粗挽き黒コショウと残りのパセリを散らし、レモンを添えて頂く。


★調理のコツ・ポイント★

岩ガキでない場合は小さなココットに入れて、牡蠣のうま味を逃さないようにしましょう。
牡蠣を焼く時にスープがこぼれないように、アルミホイルを丸めて置いたり、粗塩を敷く等しましょう。
牡蠣は生食用でなく加熱用を使うほうが、うま味が強いです。

レシピ制作者

Solare 久恵

Solare 久恵:La Cucina del Sole(兵庫県 神戸市長田区 若松町)

■先生のプロフィール

神戸在住。心はシチリア人。イタリアソムリエ協会認定ソムリエ、日本チーズプロフェッショナル協会チーズプフェッ…(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2024年 4月19日(金)   ラビオリと手打ちパスタのレッスン


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『』