ぶりの照り焼き~照り焼き液の応用~のレシピ、作り方(宮坂 みのり)

クスパアワード2022とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2022年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2022年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2022 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2022年12月1日(木)~2023年1月9日(月)
×
2022年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > 魚介のおかず > ぶり > ぶりの照り焼き~照り焼き液の応用~

クスパ レシピ

ぶりの照り焼き~照り焼き液の応用~ 宮坂 みのり先生

印刷する

1

多様な料理に展開可能なてり焼き液を作り置きしておくと便利です。今回はぶりの照り焼きのご紹介です。煮汁は最小限で無駄の出ない分量です。

<材料>  分量:2人分   調理時間:15分~20分

ぶり
2切れ
照り焼き液(作り方参照)
40cc
砂糖
小さじ1
小麦粉
大さじ2
片栗粉
大さじ1
少々
大さじ1

作り方

【1】

*照り焼き液=みりん120cc、醤油60cc、料理酒40ccを混ぜて作り置きしておく。メモリ付きのシェーカーを使用すると楽です。

【2】

切り身に塩を振って10分程置いておく。→流水で洗ってキッチンペーパーで水気をとっておく。

【3】

小麦粉と片栗粉は混ぜておく。

【4】

照り焼き液40ccに砂糖を加えて良く混ぜておく。


【5】

3の粉を茶こしで薄く振る。

【6】

フライパンに油を敷いてぶりを焼く。(皮の面はしっかり焼くと皮の食感が良くなる。身の方は調味液を加えたら再度火を通すので軽く焼き色が付けば良い。写真は皮の面を焼いているところ。つけあわせのネギを一緒に焼いてます)

【7】

火を一旦消して、余計な油はペーパーで拭き取る。フライパンが少し冷めたら4の調味液を加える。調味液を切り身の上からかけながら弱火で加熱。濃度がついてきたら火を止める。

【8】

盛り付け


【9】

(*照り焼き液を作って冷蔵庫にストックしておくと、みりん、醤油、酒をそれぞれ計量する手間が省けます。照り焼き液の応用レシピ、他にも多数掲載しています)

【10】

(*小麦粉と片栗粉を混ぜた粉はやわらか照り焼きチキン、秋鮭の南蛮漬け、エビチリに使えます。レシピ別掲載しています)、

★調理のコツ・ポイント★

ぶりは好みですが、血合いが少ない方が臭みが少ない。魚は焼き過ぎないように気を付ける。

レシピ制作者

宮坂 みのり

宮坂 みのり:グレースパン教室(東京都 板橋区 赤塚新町)

■先生のプロフィール

2013年より、自宅マンションにてパン教室・ケーキ教室を開催中。(全て読む)


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『鍋だけじゃない!『牡蠣』の料理特集』