エビチリ~ピクルス液の応用~のレシピ、作り方(宮坂 みのり)

クスパ > クスパ レシピ > 魚介のおかず > 海老・いか・たこ・かに > 海老 > エビチリ~ピクルス液の応用~

クスパ レシピ

エビチリ~ピクルス液の応用~ 宮坂 みのり先生

印刷する

多様な料理に応用が利くピクルス液を作り置きしておきますと、料理の度に酢、塩、砂糖を計量する手間が省けます。今回はエビチリのご紹介です。ピクルス液に豆板醤、蜂蜜、ケチャップを加えるだけで味が決まります。

<材料>  分量:1~2人分   調理時間:20分

えび(背ワタを取っておく)
10尾
ピクルス液(作り方参照)
40cc
蜂蜜
大さじ1
豆板醤
小さじ2
ケチャップ
小さじ1
小麦粉
大さじ2
片栗粉
大さじ1
少々
小さじ2
たまねぎみじん切り
30g
にんにくみじん切り
5g

作り方

【1】

*ピクルス液は酢180cc、水120cc、砂糖大さじ3,塩小さじ1を混ぜて作っておく。メモリ付きシェーカーを使って計量すると楽です。

【2】

小麦粉と片栗粉は混ぜておく。

【3】

ピクルス液に蜂蜜、豆板醤、ケチャップを入れて混ぜておく。

【4】

えびは水で洗ったらペーパーで水分を切っておく。→塩を軽く振る→2の粉を薄くまぶす(茶こしを使って振ると良い)


【5】

フライパンに油を敷いてにんにくと玉ねぎを弱火で炒める。

【6】

玉ねぎに火が通ったらえびを加えて中火で炒める。→えびに7割程火が通ったら一旦火を消し3の調味液を加え中火にし、とろみがつくまで加熱する。

【7】

盛り付け 

【8】

*ピクルス液の応用レシピを多数掲載しています。キムチ和え、南蛮漬け、漬け丼、ドレッシング等、ご参照ください。


【9】

*小麦粉と片栗粉を混ぜたものは残ったら、秋鮭の南蛮漬け、ぶりの照り焼き、やわらか照り焼きチキンに使えます。レシピ別掲載しています。

★調理のコツ・ポイント★

冷凍エビを使う時は塩水で解凍した後、酒を振り5~10分おいて、水分をペーパーで切ってから使う。

レシピ制作者

宮坂 みのり

宮坂 みのり:グレースパン教室(東京都 板橋区 赤塚新町)

■先生のプロフィール

2013年より、自宅マンションにてパン教室・ケーキ教室を開催中。(全て読む)


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『ひと工夫あり!バレンタインレシピ』