マグロの漬け丼~ピクルス液の応用~のレシピ、作り方(宮坂 みのり)

クスパ > クスパ レシピ > 魚介のおかず > まぐろ > マグロの漬け丼~ピクルス液の応用~

クスパ レシピ

マグロの漬け丼~ピクルス液の応用~ 宮坂 みのり先生

印刷する

多様に応用が利く基本のピクルス液から中華ドレッシングを作って、マグロを漬け込みます。化学調味料不使用の漬け丼が簡単に出来ます。

<材料>  分量:1人分   調理時間:40分(漬け込み時間込み)

まぐろの切り落とし
5~6切れ
中華ドレッシング(作り方参照)
大さじ1~2
ゴマ
少々
生姜のみじん切り
少々
紫蘇
1~2枚
刻みのり
適量

作り方

【1】

基本のピクルス液=酢180cc、水120cc、砂糖大さじ3、塩小さじ1を混ぜてストックしておく。メモリ付きシェーカーを使用すると楽です。

【2】

中華ドレッシング=基本のピクルス液60cc、ごま油20cc、醤油20ccを混ぜてストックしておく。

【3】

マグロの切り落としはキッチンペーパーで軽く押さえて水気をとっておく。

【4】

マグロに中華ドレッシングを回しかけておく。(写真はタッパーを使いましたが、ビニール袋で漬け込んでも良い。)


【5】

30分程漬け込んだら、ご飯に生姜、ゴマ、紫蘇をまぜて盛り付ける。好みで刻みのりやわさびをのせる。中華ドレッシングを小さじ1回しかける。

【6】

(*ピクルス液を作ってストックしておくと、料理の度に酢、塩、砂糖を計量する手間が省けますのでキッチンがごちゃつくことなく、ストレスが減ります。)

【7】

(*ピクルス液を応用したレシピを他にも多数掲載していますのでご参照ください。(キムチ和え、南蛮漬け、酢の物等))

★調理のコツ・ポイント★

基本のピクルス液を作ってストックしておくと早く出来ます。中華ドレッシングも多様に使えますので便利です。(ピクルス液の応用の他、照り焼き液の応用、おでん汁の応用のレシピ掲載しています。)

レシピ制作者

宮坂 みのり

宮坂 みのり:グレースパン教室(東京都 板橋区 赤塚新町)

■先生のプロフィール

2013年より、自宅マンションにてパン教室・ケーキ教室を開催中。(全て読む)


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『お花見や春の行事におすすめレシピ10選!』