ストロベリーリング イチゴ尽くしスイーツパンのレシピ、作り方(鈴木晴美)

クスパ > クスパ レシピ > パン > 菓子パン ・おかずパン・蒸しパン > 菓子パン > ストロベリーリング イチゴ尽くしスイーツパン

クスパ レシピ

ストロベリーリング イチゴ尽くしスイーツパン 鈴木晴美先生

印刷する

生地にストロベリーパウダー、フィリングにストロベリーパウダー、粒ジャムストロベリー、ドライストロベリー、仕上げのコーティングにストロベリーチョコレート。
リング型を使ったイチゴ尽くしの可愛らしいパンです♫

<材料>  分量:1台分   調理時間:120分

〈以下生地用〉強力粉(カメリヤ)
140g
薄力粉(バイオレット)
60g
インスタントドライイースト(赤サフ)
小さじ1と3分の1
上白糖
大さじ2
ストロベリーパウダー
大さじ1
全卵溶きほぐした卵
26g(M玉2分の1コ相当)
小さじ3分の1
無塩バター
30g
牛乳
110-120g
〈以下フィリング用〉無塩バター
30g
グラニュー糖
小さじ1
ストロベリーパウダー
小さじ1
強力粉
小さじ1
ホワイトチョコチップ
20g
粒ジャムストロベリー
10g
ドライストロベリー
20g
〈以下仕上げ用〉ストロベリーチョコレート
40g
ドライフレーズ
小々さじ2分の1
ピスタチオ
小々さじ2分の1
〈以下その他〉型バター
適量
塗り卵
適量

作り方

【1】

事前の下準備として
◦牛乳は42-43℃に温めておく(仕込み水)
◦バターは室温に戻しておく
◦ドライストロベリーは湯通しして水気を取っておく
◦18cmエンゼル型を用意しておく

【2】

ボウルに強力粉と薄力粉を入れてざっと混ぜ、それをおよそ半分ずつ2つのボウルに分ける。片方のボウルにイースト、上白糖、ストロベリーパウダー、卵を、もうひとつのボウルに塩、バターを加える。

【3】

イースト目掛けて牛乳をかけ、穴あき木べらで混ぜる。ツヤ、とろみが出たら(写真の状態)もうひとつのボウルの中身をすべて入れる。

【4】

混ぜて、粉気がなくなり、ひとかたまりになったら(写真の状態)台の上に出し、こねる。


【5】

こね上がったら、丸めてボウルに入れ、ラップを掛けて1次発酵させ、1.5-2.0倍になるのを待つ。発酵器の場合、40℃で25-35分目安。

【6】

1次発酵中にボウルにバター、グラニュー糖、ストロベリーパウダー、強力粉を入れ、ゴムべらで混ぜてペースト状にする。成形で使うまでラップを掛けて室温で置いておく。
型にバターを塗る。

【7】

1次発酵後の生地を丸め直し、閉じ目を下にして置き、固く絞った濡れ布巾を掛けて休ませる。ベンチタイム10分。

【8】

ベンチタイム後の生地を、閉じ目を上にしてガス抜きめん棒で40cm×20cm位の横長の長方形に伸ばす。


【9】

その上に6で用意したストロベリーバターフィリングを、生地の奥2cm、その他の周囲1cm位を残してゴムべらで塗る。その上にホワイトチョコチップ、粒ジャムストロベリー、ドライストロベリーを散りばめる。

【10】

生地を手前から巻き、巻き終わりを閉じる。

【11】

閉じ目を下にして置き、スケッパーで8等分し、切り口を上にして型に入れる。

【12】

ラップを掛け、2次発酵させ、ひと回り大きくなるのを待つ。発酵器の場合、40℃で20-25分。タイミングを見てオーブンに190℃で予熱を入れる。


【13】

2次発酵後の生地に卵を塗り、190℃で17-22分焼く。

【14】

焼き上がったら型を軽く叩き、アルミホイルをかぶせてひっくり返し、型を外す(パンの底が上になる)。

【15】

14の状態でクッキングシートを敷いたクーラーをかぶせ、それをひっくり返し、アルミホイルを取る(焼き上がりからちょうど1回転し、パンの顔が上を向く)。

【16】

粗熱が取れたら、ストロベリーチョコレートを湯煎で溶かし、スプーンでデコレーションする。ドライフレーズ、ピスタチオを飾る。


★調理のコツ・ポイント★

9でフィリングを塗るときに余白を作っておかないと生地が閉じにくくなります。巻くときは引き巻き気味に。
YouTube「ハルパンstudio」に作り方動画をアップしてあります。

レシピ制作者

鈴木晴美

鈴木晴美:ハルパンstudio(東京都 西東京市 富士町)

■先生のプロフィール

アパレル業界で洋服やバッグ、アクセサリーの企画デザインに従事したのち、大手料理教室でブレッド講師となる。2…(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2024年 4月20日(土)   カフェカンパーニュ1台&カフェショコラマフィン4コ


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『』