あんずのコンポート(シロップ漬け)のレシピ、作り方(名田 緑)

クーポンの取得及び利用について
クーポンはハロウィン動画レッスンを購入すると取得できます!
また、取得したクーポンは通常レッスン及び動画レッスンのクスパ決済時に利用可能です。

クーポンが取得可能なハロウィン動画レッスン特集はこちらから
×
ハロウィン動画レッスンを購入するとクーポンGET!もれなくもらえる300円クーポン配布中!

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > ジャム・クリーム・ソース > ジャム・コンフィチュール > あんずのコンポート(シロップ漬け)

クスパ レシピ

あんずのコンポート(シロップ漬け) 名田 緑先生

印刷する

1

あんずの旬はとても短くて、
地域にもよりますが6月末から7月初めの2週間ほど。
手に入ったら、ぜひ作ってみてください。
タルトに入れても、アイスやヨーグルトに添えても。
コンポートは保存できるので、長く楽しめます。

<材料>  分量:作りやすい分量   調理時間:1日目1時間、2日目1時間

あんず
10個
グラニュー糖
500g
500ml

作り方

【1】

《1日目》
グラニュー糖と水を合わせて火にかけ、シロップを作る。
砂糖は上白糖でもよい。
シロップを透明にしたいので、白い砂糖がおすすめ。

【2】

あんずを傷つけないように優しく洗ったら、
筋になってる凹んだところに一周ナイフを回す。

【3】

アボカドの種を取るように種を取る。

【4】

もう一度きれいに洗って、溝の細かい汚れなどを取る。
このときも優しく。
沸騰した湯に10~15秒、湯通しする。
湯通しして殺菌します。
湯通しの時間が長いとあんずが崩れるので注意。


【5】

お鍋にきっちり並べて、熱々のシロップを注ぐ。
シロップがひたひたに足りなかったら、
砂糖:水=1:1で作って適宜足す。

【6】

火を点けて、ふつふつ沸騰したら火を弱めて2分炊く。
堅めのもの、すぐに煮崩れる柔らかめのもの、
あんずごとに堅さが異なるので、
目安として2分経たなくても、
どれか1個でも皮が剥け始めたらすぐに火を止める。
浮いてくるアクは取る。

【7】

乾燥しないようにオーブンシートかラップで覆う。
空気に触れるとその部分の色が悪くなってしまうので
優しく押さえながら表面の空気を抜く。
(軍手などしてやけどに注意)
冷めたら蓋をして一日置く。

【8】

《2日目》
煮沸消毒した瓶にあんずを詰める。


【9】

布巾を敷いた浅鍋に並べて、
浅鍋に瓶の高さの7分目くらいまでお水を注ぐ。
ひと晩あんずを漬けたシロップを一度濾して、
沸騰手前まで温めたら、
瓶の9分目、ぎりぎりまで注いで軽く蓋をする。

【10】

火にかけて、浅鍋の湯が沸騰しそうになったら弱火。
30分ほど弱火で加熱したら取り出して蓋をきっちり締め直し、
瓶を逆さまにして自然に冷ます。
(やけどに注意!綿手袋にゴム手重ねがおすすめ)
この脱気殺菌を完璧に施せば、1年間常温保存できる。

【11】

《瓶詰めで保存する場合(その1)》
瓶は大きすぎないものがおすすめ。
1年保存できるとはいえ、
開ければ持つのは2~3週間なので
その間で消費できる大きさの瓶がよい。

【12】

《瓶詰めで保存する場合(その2)》
シロップは、砂糖:水=1:1。
保存するので、このくらいの糖度が必要。
保存せず早めに消費するときはお好みで砂糖減らしてもよい。
1週間ほど冷蔵すれば酸味が穏やかになる。


★調理のコツ・ポイント★

・瓶詰めを2日目にするのは、しばらくするとあんずの水分が抜けて小さくなるからです。あんずが大きいまま瓶詰めすると、あんずが縮んで瓶の下半分がシロップだけになってしまいます。
・余ったシロップは炭酸水で割ったりゼリーを作ったりと使えます。

レシピ制作者

名田 緑

名田 緑:イタリア、フランス料理の教室 LA CUCINA VERDE(神奈川県 横浜市都筑区 大棚西)

■先生のプロフィール

単身イタリアに渡り、現地の料理学校や一般家庭の主婦からイタリア各地の料理を学ぶ。 帰国後、ル・コルドン・ブ…(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2021年10月26日(火)   フランス料理(地方のおそうざい)


ページのトップへ戻る